AGAとセルフケア

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです。
Androgenetic Alopeciaは直訳すると、男性ホルモン型脱毛症で、要因の一つとして男性ホルモンが挙げられています。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態を指します。
額の生え際が後退して広くなったり、頭頂部から薄くなってきたりするのが主な症状です。
成人男性の約3人に1人がその状態だといわれていますので、なにも特別なものではありません。
そのためAGAになったからといって、思い悩むのではなく早めのケアを行い、予防することが大切です。

また進行したとしても、産毛などが生えていることが多く、その場合は毛穴は生きていますので、適切な処置を行うとその産毛は太くなることがあります。
そのため悲観することはないのです。
AGAは遺伝子もまた影響を与えています。
ですが上記のように3人に1人がAGAですので、親族を辿れば必ずAGAの人がいるはずです。
そのため誰もがAGAになる可能性があると思っていたほうが、よいといえるでしょう。

決して悲観する必要はありません。
AGAになる前にケアを行っていれば、遅らせることは可能ですし、必ずそうなるとは限りません。
頭皮や髪が健康な状態のときから、セルフケアを行っていれば常に若々しい髪の状態を維持することは可能です。
ですがセルフケアにも限界があります。
老齢による毛根の衰えだけは、逃れることはできません。
これは身体にもいえることなので、仕方のないことなのです。



[関連情報サイト]
AGA、薄毛の治療の治療を専門に行っている美容クリニックのサイトです → 薄毛の治療

Copyright © 2014 AGAにはフィナステリドが有効? All Rights Reserved.